税務会計三直線

税務、会計、経営について主に書いていきます。

2024-01-01から1年間の記事一覧

相続人の範囲と相続分

相続人の範囲と相続分 相続を考える時に、何回やっても戸惑うのが1,相続人は誰か2,相続分はどうなのか3,代襲相続人になる人、ならない人4,遺留分のある相続人は誰か この4つの区分です。頭の中がごちゃごちゃしてきます。間違えたら大変なことにな…

相続人への特別受益とは何でしょうか?

相続人への特別受益とは何でしょうか? 遺留分を算定するための生前贈与加算は3つあると前回説明しました。 この内、最も代表的な贈与は、相続人への特別受益に当たる生前贈与でしょう。 ポイントは、1,特別受益の内容2,10年以内の贈与に限定されたこ…

遺留分を算定するための財産の価額!

遺留分を算定するための財産の価額 民法第1043条によれば 遺留分を算定するための財産の価額= 相続開始時の財産の価額 +贈与した財産の価額 -債務の全額 と記述されています。 ここにおける贈与とは、 民法第1044条に記述されています。 以下の3点が…

遺留分侵害額請求、旧法と新法の違い!

遺留分侵害額請求、旧法と新法の違い!令和1年(2019年)7月1日民法改正によって、遺留分請求が若干変更になりました。 変わった項目を列挙してみます。1,名称が変わりました。 旧法 遺留分減殺(げんさい)請求 新法 遺留分侵害額請求2,請求の方…

遺留分侵害額への配慮を欠いた残念な遺言書の結末!

遺留分侵害額への配慮を欠いた残念な遺言書の結末! 最近、遺言書の作成依頼が増えています。 やはり高齢化が進んでいるからでしょうか。 依頼を受けて一番困るのは、この子には財産をあげたくない、といった遺留分を侵害する遺言書の作成依頼です。 メンデ…

分譲マンション評価方法改正、評価の具体例!

分譲マンション評価方法改正、評価の具体例具体例 1,種類 居宅 2,築年数 10年3カ月ーー11年 3,総階数 11階 4,専有部分の面積 60㎡ 5,敷地面積 3000㎡ 6,敷地権の割合 1150000分の6000 7,敷地利用権の面積 3000㎡×…

分譲マンションの相続税評価改正、令和6年1月1日以後

2024-04-01 18:16:22NEW ! テーマ 区分所有マンションの評価方法が変わりました。 令和6年1月1日以後の相続、遺贈、贈与により取得した区分所有マンションの価額は新たに定められた個別通達により評価します。改正の理由 通常の土地家屋の相続税評価額は…

「空き家特例」令和5年度の改正内容!

「空き家特例」令和5年度の改正つぎの4項目について改正がありました。1,適用期限が4年間延長されました。 改正前 令和5年12月31日まで、 改正後 令和9年12月31日まで、2,耐震リフォーム要件(敷地、家屋の譲渡) 改正前 譲渡日までにその…

譲渡所得 「空き家特例」の3000万円控除!

近年、相続後の空き家が周辺の生活環境に悪影響を及ぼし得り、 且つ、空き家の大半が耐震性のない建築物であると推計されています。 そこで平成28年度税制改正により、相続等により取得した空き家を 譲渡した場合の3000万円特別控除、いわゆる、「空き…

代償分割!

代償分割ーーー遺産の分割に当たって、土地が一つで相続人が3人。 どうする? 現金預金も有価証券も何もない時、遺産分割する方法が3つあります。1、換価分割 これはその土地を売って現金にして3人で分ける方法。2、共有分割 各相続人の持分を決めて、…

新NISAが始まりました!その2 株で損しない方法

2024年1月から「新NISA」が始まりました。 株式売買益、配当が無税になるという画期的な制度です。 私は投資信託はやらないので、成長投資枠のみ年240万円、5年間で1200万円の運用です。うまく使えば大きなメリットが出そうです。 但し、損した…

新NISAが始まりました!その1

新NISAが始まりました!その1あけましておめでとうございます。 例年のことながら、新年に当たり今年の予測を 書いてみようと思います。項目は次の通りです。1,世界の戦争1,中国の衰退1,日本の景気、インフレ、円安1,新NISAが始まりました。 1,世…